系譜で辿る日本史

源頼家

(万寿)

鎌倉幕府第二代征夷大将軍

氏族河内源氏
生没1182年 - 1204年
位階正二位
官職左衛門督
幕府職征夷大将軍

父・頼朝の死により18歳で家督を相続し、鎌倉幕府の第2代鎌倉殿、更に3年半後に征夷大将軍となる。母方の北条氏を中心として十三人の合議制がしかれ、頼家の独断は抑えられたとされるが、当事者である北条氏の史書の記録のみでしか確認できていない。
合議制成立の3年後に頼家は重病に陥ったとされ、頼家の後ろ盾である比企氏と、弟の実朝を担ぐ北条氏との対立が起こり、北条氏一派の攻撃により比企氏は滅亡した。頼家は将軍職を剥奪され、伊豆国修禅寺に幽閉された後、暗殺された。
頼家追放により、北条氏が鎌倉幕府の実権を握ることになる。

配偶者
主な祖先

源満仲

8親等祖先

藤原是公

16親等祖先

仁明天皇

13親等祖先

源頼信

7親等祖先

文徳天皇

12親等祖先

主な子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示

人物検索