系譜で辿る日本史

細川氏綱

細川京兆家18代当主

氏族清和源氏義国流細川氏
生没1513年 - 1564年
位階従四位下
官職右京大夫
幕府職室町幕府摂津守護

細川 氏綱(ほそかわ うじつな)は、戦国時代の武将。典厩家4代当主・細川尹賢の子として誕生。父の従兄弟(従伯父)であった細川高国の養子となる。細川晴元に攻められ自害した養父と、その晴元方に転じて生き残りを模索しながら殺害された実父、2人の仇を討つべく晴元打倒の機を窺い続けた。
1538年以降断続的に蜂起し続け、当初は晴元の圧倒的な勢力の前に劣勢であったが、晴元方の中核・三好長慶の寝返りが決定打となり、晴元を京から追放。細川京兆家の当主となる。

配偶者
    主な祖先

    源満仲

    19親等祖先

    細川頼元

    6親等祖先

    源経基

    20親等祖先

    源師房

    19親等祖先

    源義家

    16親等祖先

    主な子孫

    男系子孫のみ表示

    養子関係を非表示

    人物検索