武家(戦国大名・国人)※作成中

作成中

北海道・東北
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
最上氏清和源氏
足利氏流
出羽大崎氏の庶流。
二本松氏清和源氏
足利氏流
陸奥畠山氏の庶流。水野家家老
南部氏清和源氏
義光流
陸奥大名
二階堂氏藤原南家
乙麻呂流
相模・陸奥工藤氏の庶流。
相馬氏桓武平氏
良文流
陸奥・下総千葉氏の庶流。大名
蘆名氏桓武平氏
良文流
陸奥三浦氏の庶流。仙台藩士など
戸沢氏桓武平氏
維衡流
陸奥伊勢平氏の庶流。大名
安東氏安倍氏蝦夷・陸奥・出羽大名
岩城氏称・桓武平氏
維茂流
陸奥陸奥国岩城郡の豪族。
近隣の有力勢力である伊達氏・佐竹氏と血縁関係を深め、近世以降も存続した。
大名
蠣崎氏称・清和源氏
義光流
蝦夷若狭武田氏の一族・武田信広が蝦夷に渡り、在地豪族・蠣崎氏を継承したことに始まるとされる。
戦国時代には元来蝦夷南部を支配した安東氏から独立し、戦国大名化する。
大名・武田信広
・蠣崎季広
田村氏称・坂上氏陸奥坂上田村麻呂の末裔を称し、陸奥国田村郡を支配した。
豊臣秀吉の小田原征伐に参陣せず改易・断絶となるが、のちに血縁のある伊達氏の分家大名として再興された。
大名・田村隆顕
関東
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
後北条氏
里見氏清和源氏
新田氏流
安房鯖江藩士、など
小田氏称・藤原北家
道兼流
常陸宇都宮氏の庶流。・八田知家
那須氏?
太田氏清和源氏
頼光流
武蔵大名・太田道灌
成田氏藤原北家
九条流?
武蔵
・甲斐姫
三浦氏桓武平氏
良文流
相模
上野長野氏称・在原氏上野在原氏の末裔を称するが、系図は諸説あり不確か。
戦国時代には上野西部の箕輪城主として、関東進出を図る武田氏と対峙した。
・長野業正
甲信越・北陸
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
長尾氏*
村上氏清和源氏
頼信流
信濃
海野氏
真田氏
滋野氏信濃紀氏と同族とされる滋野氏の末裔。
嫡流の海野氏は戦国時代に断絶するが、同時代に庶流の真田氏から真田昌幸・信繁親子を輩出。近世以降も大名として存続した。
大名・真田昌幸
・真田信繁(幸村)
諏訪氏諏訪大社
神官
信濃大名
木曽氏称・清和源氏
木曾義仲流
信濃木曾義仲の末裔を称し、信濃の木曾谷を支配した。
戦国時代には武田氏・織田氏・徳川氏と渡り歩き家名を保つが、江戸時代に改易となる。
遠山氏
三木氏
姉小路氏
中部・東海
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
織田氏称・桓武平氏
資盛流
尾張大名
斎藤氏藤原北家
利仁流
美濃富樫氏と同族。鎌倉時代に美濃の目代として越前から移り住み、室町時代には美濃守護・土岐氏に仕える。
戦国時代に斎藤氏を継承した斎藤道三の出自は不明。春日局は道三以前の斎藤氏の庶流出身。
旗本・斎藤道三
・春日局
松平氏三河
松平氏
三河将軍家
稲葉氏越智氏美濃河野氏の庶流。大名
近畿
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
浅井氏称・藤原北家
閑院流
近江・浅井長政
・浅井茶々(淀殿)
内藤氏
波多野氏藤原北家
秀郷流
相模・丹波摂関家領である相模国波多野荘を本領とした豪族。平安後期から京で源氏に仕える。
丹波波多野氏は石見吉見氏の一族・清秀が、母方(系図不明)の姓を名乗ったことに始まるとされる。
蒲生氏藤原北家
秀郷流
近江大名→断絶
筒井氏三輪氏
大神氏
大和旗本・筒井順慶
別所氏村上源氏
赤松氏流
播磨旗本・別所長治
本願寺藤原北家
日野流
寺社勢力。日野家の庶流。東本願寺、西本願寺に分裂
中国
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
浦上氏紀氏播磨・美作・備前紀氏の末裔。赤松氏の重臣として、代々守護代を務めた。
一時は赤松氏を上回る勢力を持つが、政宗・宗景兄弟の代に内部分裂。政宗は赤松氏に敗死し、宗景は家臣・宇喜多氏に追放され、勢力を失った。
宇喜多氏称・百済
王族末裔
備前
吉川氏藤原南家
為憲流
安芸・石見工藤氏の庶流。鎌倉時代に安芸の地頭に任じられ土着した。
小早川氏桓武平氏
良文流
安芸源頼朝の重臣・土肥氏の末裔。
・小早川隆景
・小早川秀秋
宍戸氏称・藤原北家
道兼流
安芸小田氏(八田氏)の庶流。長州藩士
四国
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
三好氏清和源氏
小笠原氏庶流
阿波・讃岐・摂津鎌倉時代に阿波守護を務めていた小笠原氏の庶流。
室町時代は細川氏に仕えて勢力を拡大し、三好長慶が細川晴元を追放し権力を掌握。実質的な天下人となった。
旗本三好義長【初代】
三好之長
三好長慶
十河氏讃岐氏讃岐讃岐氏は、讃岐に下った古代皇族・神櫛皇子を祖とする。
のちに三好氏から十河一存を養子に迎え、讃岐を支配する勢力となる。大坂の陣に豊臣方として参戦して敗死し、断絶した。
十河一存
土佐一条氏藤原北家
御堂流
土佐一条家当主・一条教房が、応仁の乱の避難先として家領の土佐国中村に下向したことに始まる。
歴代当主は、在地しながら京との関係も維持して高位の位階を保ち、国人が割拠する土佐の盟主的存在となる。
戦国時代に長宗我部氏に追放され、勢力を失った。
一条房家
長宗我部氏称・秦氏土佐渡来系の帰化氏族・秦氏の末裔を称する。
土佐国長岡郡を治めた国人領主。戦国時代に土佐を統一し四国平定に迫るが、豊臣秀吉の四国征伐に降伏した。
長宗我部盛親は関ヶ原の戦いで西軍に属し、改易。大坂の陣で再起を掛け豊臣方として参戦するが、敗死した。
長宗我部元親
長宗我部盛親
村上氏
来島氏
清和源氏
頼信流
伊予信濃村上氏の同族。能島・来島・因島の3家に分かれ、村上水軍を形成した。
来島氏は近世以降「久留島」と名を変え、大名として存続した。
大名・村上武吉
・村上通康
山内氏
九州
名前家紋家系勢力地概略近世以降主な人物
伊東氏藤原南家
為憲流
日向藤原南家の子孫・工藤氏が、伊豆国伊東荘を領したことに始まる。
子孫は各地に土着し、日向伊東氏は日向守護・島津氏と抗争を続けながら版図を広げ、一時は日向の大部分を支配する。戦国時代に島津氏によって日向を追われるが、豊臣秀吉の九州討伐に従軍し、戦後旧領に復帰した。
大名伊東祐親
八重姫
伊東義祐
伊東マンショ
相良氏藤原南家
為憲流
肥後大名
龍造寺氏藤原北家
隆家流
肥前肥前東部の国人。戦国時代には大友・島津と並び九州を三分する勢力にまでなるも、沖田畷の戦いで島津氏に大敗を喫して衰退。
江戸時代には佐賀藩の初代藩主となるが宗家は断絶し、分家が加賀藩士として存続した。
加賀藩士龍造寺隆信
鍋島氏宇多源氏
佐々木氏流
肥前男系では少弐氏庶流。
龍造寺氏の家臣となり、鍋島直茂は龍造寺隆信の副将として活躍。江戸時代に龍造寺氏の宗家が断絶すると佐賀藩を継承する。
大名鍋島直茂
立花氏藤原北家
利仁
筑前・筑後大友氏の庶流。大名・立花道雪
・立花誾千代
肝付氏大伴氏大隅大伴家持など著名な武人を輩出した古代豪族・大伴氏の末裔。大隅国肝属(肝付)郡の役人となり、肝付氏を名乗る。
長く薩摩の島津氏に服属する。戦国時代には日向の伊東氏と結んで一時独立的な勢力を保持するが、最終的には島津氏に臣従し、子孫は薩摩藩士となる。
薩摩藩士肝付兼続
小松帯刀
大村氏桓武平氏肥前肥前国藤津荘の庄司・平直澄の末裔とされ、肥前国彼杵郡大村より大村氏を称した。有馬氏と同族。
大村純忠は日本初のキリシタン大名となり、長崎を開港し貿易によって勢力を伸ばした。
大名大村純忠
有馬氏桓武平氏肥前肥前国高来郡有馬庄の地頭となり、有馬氏を称した。
有馬晴純の代には島原半島を中心に貿易を独占し、肥前6郡を支配した。
大名有馬晴純
秋月氏大蔵氏筑前大名
松浦氏嵯峨源氏肥前大名
タイトルとURLをコピーしました