系譜で辿る日本史

細川晴元

細川京兆家17代当主

氏族清和源氏義国流細川氏
生没1514年 - 1563年
位階従四位下
官職右京大夫
幕府職室町幕府山城・摂津・丹波・讃岐・土佐守護

細川 晴元(ほそかわ はるもと)は、細川京兆家17代当主。正室は三条公頼の長女であり、その縁から武田信玄、本願寺法主・顕如の義兄に当たる人物でもある。
当時、畿内で内乱状態にあった細川京兆家を纏め、自らの政権を確立させたが、家臣の三好長慶の反乱で没落。勢威を取り戻せないまま没した。

配偶者
主な祖先

源頼信

18親等祖先

源義国

15親等祖先

源経基

20親等祖先

源義家

16親等祖先

源頼義

17親等祖先

主な子孫

男系子孫のみ表示