系譜で辿る日本史

足利義政

室町幕府第八代征夷大将軍

足利宗家第16代当主

氏族清和源氏義国流足利氏
生没1436年 - 1490年
位階従一位
官職左大臣 内大臣 右近衛大将
幕府職征夷大将軍

足利 義政(あしかが よしまさ)は、室町時代中期から戦国時代初期にかけての室町幕府第8代征夷大将軍(在職:文安6年4月29日(1449年5月21日) - 文明5年12月19日(1474年1月7日))。父は第6代征夷大将軍・足利義教、母は日野重子。第7代征夷大将軍・足利義勝の同母弟にあたる。初名は義成(よししげ)。第6代征夷大将軍・足利義教の五男。
幼くして兄の跡を継ぎ、成長後は近習や近臣とともに親政に取り組むが、有力守護の圧力に抗することはできなかった。守護大名の対立はやがて応仁の乱を引き起こすこととなる。東山文化を築くなど、文化人的側面も多く見られるようになったが、大御所として政治に関与し続けた。

配偶者
主な祖先

藤原為憲

20親等祖先

源経基

17親等祖先

村上天皇

18親等祖先

足利義兼

10親等祖先

文徳天皇

20親等祖先

主な子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示

人物検索