系譜で辿る日本史

足利義晴

室町幕府第十二代征夷大将軍

足利宗家第21代当主

氏族河内源氏義国流足利氏
生没1511年 - 1550年
位階従三位
官職権大納言 右近衛大将 参議
幕府職征夷大将軍

管領・細川高国に擁立され室町幕府第12代征夷大将軍に就任するも、その後も自身とその兄弟である足利義維、それぞれを支持する大名同士の主導権争いに翻弄され、不安定な政治基盤が続いた。
大物崩れで大きな後ろ盾であった高国を失ったのちは、管領・細川晴元との対立、三好長慶との対立などもあり、京を離れて政務を行うことを余儀なくされる時期も多かった。

配偶者
主な祖先

足利義教

3親等祖先

北条義時

13親等祖先

源頼義

16親等祖先

源満仲

18親等祖先

藤原実方

20親等祖先

主な子孫

足利義昭

1親等子孫

足利義輝

1親等子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示