系譜で辿る日本史

北条政村

鎌倉幕府第七代執権

政村流北条氏の祖

氏族鎌倉北条氏
生没1205年 - 1273年
位階正四位下
官職陸奥守 相模守 左京権大夫
幕府職評定衆 引付頭人 連署 執権

北条 政村(ほうじょう まさむら)は、鎌倉時代前期から中期にかけての北条氏の一門。鎌倉幕府第7代執権(在職:1264年 - 1268年)。2代執権北条義時の五男。母は継室の伊賀の方。3代執権北条泰時は異母兄にあたる。政村流北条氏の祖であり、12代執権北条煕時は曾孫にあたる。13代執権北条基時も血縁的には曾孫である。
幼少の得宗家北条時宗(泰時の曾孫)の代理として60歳にして7代執権となり、辞任後も連署を務めて蒙古襲来の対処にあたるなど、一門の宿老として嫡流の得宗家を支えた。

配偶者
主な祖先

阿倍比羅夫

18親等祖先

藤原永手

15親等祖先

藤原冬嗣

13親等祖先

藤原是公

16親等祖先

桓武天皇

15親等祖先

主な子孫

千葉親胤

13親等子孫

千葉胤直

8親等子孫

千葉勝胤

10親等子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示

人物検索