系譜で辿る日本史

北条時宗

鎌倉幕府第八代執権

得宗家七代当主

氏族鎌倉北条氏
生没1251年 - 1284年
位階正五位下
官職左馬権頭 相模守
幕府職執権 連署

北条 時宗(ほうじょう ときむね)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府第8代執権(在職1268年-1284年)。5代執権北条時頼の次男(嫡男)。
鎌倉幕府執権職を世襲する北条氏の嫡流得宗家に生まれ、世界帝国であったモンゴル帝国の圧力が高まるなかで執権に就任。内政にあっては得宗権力の強化を図る一方、モンゴル帝国(大元朝)の2度にわたる侵攻(元寇)を退けた。

配偶者
主な祖先

藤原房前

19親等祖先

北条泰時

3親等祖先

藤原不比等

20親等祖先

藤原冬嗣

16親等祖先

伊東祐親

6親等祖先

主な子孫

北条貞時

1親等子孫

北条高時

2親等子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示