系譜で辿る日本史

細川満元

室町幕府11代管領

細川京兆家8代当主

氏族清和源氏義国流細川氏
生没1378年 - 1426年
位階従四位下
官職右京大夫 右馬助
幕府職室町幕府管領 摂津・土佐・讃岐・丹波守護

細川 満元(ほそかわ みつもと)は、室町時代前期の守護大名。室町幕府11代管領。細川京兆家8代当主。
応永19年(1412年)3月に管領職に就任した。就任中には北畠満雅の反乱、上杉禅秀の乱、足利義嗣の殺害事件、有力守護大名と4代将軍・足利義持との対立など様々な問題が起こったが、義持補佐し守護連合制度の確立に努めた。

配偶者
    主な祖先

    藤原師輔

    17親等祖先

    藤原道長

    15親等祖先

    藤原山蔭

    20親等祖先

    源満仲

    14親等祖先

    源頼信

    13親等祖先

    主な子孫

    小倉英季

    15親等子孫

    上杉吉憲

    12親等子孫

    上杉斉憲

    16親等子孫

    一条実孝

    17親等子孫

    丹羽長保

    17親等子孫

    男系子孫のみ表示

    養子関係を非表示

    人物検索