系譜で辿る日本史

斯波義将

斯波氏5代当主

氏族足利尾張家(斯波氏)
生没1350年 - 1410年
位階従三位
官職治部大輔 左兵衛督 右衛門督
幕府職室町幕府管領 越前国・越中国・信濃国守護

斯波 義将(しば よしゆき)は、南北朝時代から室町時代の武将・守護大名。斯波氏5代当主。室町幕府創業の元勲である斯波高経の4男で室町幕府初代、3代、5代、8代管領。
幼少より父・高経の偏愛を受け、父の後見と推薦もあって13歳にして幕府管領職に就任する。後に父の失脚と同じくして自身も都を追われたが、まもなく復権し、政敵の細川頼之を康暦の政変にて失脚させると管領に再任。以後、足利義満・足利義持と2代の室町将軍を補佐し、およそ30年間にわたって幕府の重鎮であり続け、斯波氏の最盛期を築いた。

配偶者
主な祖先

嵯峨天皇

19親等祖先

文徳天皇

17親等祖先

源義国

9親等祖先

平将門

16親等祖先

源義家

10親等祖先

主な子孫

斯波義重

1親等子孫

男系子孫のみ表示