系譜で辿る日本史

藤原時平

平安前期の公卿

氏族藤原北家
生没871年 - 909年
位階正二位
官職左大臣
幕府職

関白・藤原基経の嫡男として若くして栄達し、醍醐天皇が即位すると左大臣として太政官の頂点に立った。荘園整理令を出したり、史料上で最後となる班田を実行したりと意欲的に改革に着手するが、39歳で死去した。昌泰の変により菅原道真を大宰府に左遷した中心人物であり、その死はのちに道真の祟りと恐れられた。

配偶者
主な祖先

継体天皇

12親等祖先

履中天皇

15親等祖先

雄略天皇

14親等祖先

景行天皇

20親等祖先

孝霊天皇

20親等祖先

主な子孫

小田治久

15親等子孫

後花園天皇

18親等子孫

二条良基

16親等子孫

二条師忠

14親等子孫

九条教実

13親等子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示

人物検索