系譜で辿る日本史

中臣鎌足

(藤原鎌足)

「藤原氏」の始祖

大化の改新の中心人物

氏族中臣氏
生没614年 - 669年
位階大織冠
官職内大臣
幕府職

藤原 鎌足 / 中臣 鎌足(ふじわら の かまたり / なかとみ の かまたり)は、飛鳥時代の貴族・政治家。日本の歴史における最大氏族「藤原氏」の始祖。
645年、中大兄皇子・石川麻呂らと協力し、飛鳥板蓋宮にて当時政権を握っていた蘇我入鹿を暗殺、入鹿の父の蘇我蝦夷を自殺に追いやった(乙巳の変)。以降も中大兄皇子(天智天皇)の腹心として活躍し、藤原氏繁栄の礎を築いた。

配偶者
主な祖先

道臣命

16親等祖先

大伴室屋

6親等祖先

主な子孫

源雅通

18親等子孫

暲子内親王

18親等子孫

大姫

20親等子孫

以仁王

20親等子孫

藤原兼雅

18親等子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示

人物検索