系譜で辿る日本史

藤原忠通

平安時代末期の公卿・歌人

氏族藤原北家御堂流
生没1097年 - 1164年
位階従一位
官職摂政 関白 太政大臣
幕府職

歳の離れた弟・頼長と対立するが、保元の乱で頼長が失脚したことで復権。忠通の直系子孫が五摂家として以降の摂政・関白職を独占していくこととなる。

配偶者
主な祖先

大伴金村

20親等祖先

中臣鎌足

16親等祖先

橘諸兄

15親等祖先

天武天皇

17親等祖先

嵯峨天皇

12親等祖先

主な子孫

閑院宮典仁親王

20親等子孫

近衛家熙

20親等子孫

足利義輝

16親等子孫

一糸文守

17親等子孫

二条師良

8親等子孫

男系子孫のみ表示

養子関係を非表示

人物検索